投資にヒントを。

FINTOS!は投資家のタイムリーな意思決定に
欠かせない野村の投資情報アプリです。

今すぐ
ダウンロード
今すぐ
ダウンロード

FINTOS! 3つの魅力

  • 株式投資に有用な情報を
    厳選して配信

    多様なメディアが発信する投資情報から厳選された記事をワンストップでお届けします。

  • ウォッチリストで
    銘柄情報も損益も

    気になる銘柄をウォッチリストに登録することで、必要な情報を手軽にチェックできます。

  • 投資に磨きをかける
    野村のレポート(有料)

    実績に裏打ちされた野村の情報力。野村独自のリサーチレポートがあなたの手元に!

FINTOS!
オリジナル記事

朝イチのポイント

記事一覧 朝イチのポイント

じっくり読める市況特集

記事一覧 じっくり読める市況特集
  • 【特集】日本株決算、底堅い企業業績が明らかに

    ※こちらは「FINTOS!」登録ユーザーの皆様に、5月21日に「メールマガジン」としてお送りした内容です。 日本株決算では、企業業績の底堅さが明らかに  日本株の決算が一通り出揃いましたが、企業業績の底堅さが明らかになっています。第1に、輸出業種を中心に、原材料高による下押し圧力は受けつつも、輸出数量の拡大および一部での値上げのプラス効果が表れています。例えば、ダイキン工業(6367)は、コストアップ要因はすべて販売価格へと転嫁するとし、2023年3月期は過去最高益の更新を見込んでいます。  第2に、自動車関連では、完成車の減産の悪影響が比較的限定されています。トヨタ自動車系の部品メーカーでは、2022年3月期の純利益見通しに関して、デンソー(6902)のほか豊田自動織機(6201)、トヨタ紡織(3116)の3社が過去最高益を予想しています。  第3に、一部の企業では円安の進行が追い風となっています。例えば、キヤノン(7751)は円安効果を織り込み2022年12月期通期の営業利益予想を上方修正しました。今回、各企業の期初ガイダンスの想定為替レートは1ドル110~120円の設定が多くなっています。足下の130円前後の為替レートが継続した場合、輸出企業の業績上方修正余地が大きくなると考えられます。  第4に、自社株買いへの意欲の高さも確認されています。具体例として、日本電信電話(9432)は上限4,000億円、トヨタ自動車(7203)やソニーグループ(6758)、KDDI(9433)、日立製作所(6501)、日本郵政(6178)などがそれぞれ上限2,000億円の自社株買いを発表しています。コロナ禍で2020~21年度は足踏みとなった株主還元の動きが、再加速し始めた可能性もありそうです。 ご投資にあたっての注意点
  • 商社や電子材料の業績/ヘルスケア・バイオテックセクター/損害保険セクター決算【編集部厳選レポート3本】

     FINTOS!編集部が野村のリサーチレポートの中から、厳選レポート3本を紹介いたします(※プレミアムプラン限定公開)。 本日の編集部厳選レポート3本 ①素材・エネルギーマンスリー:22年5月 – 決算レビュー:商社や電材の業績が好調  22年1~3月期の決算発表を受け、原料炭や肥料等の市況が好調な商社や、半導体材料の需要好調の持続が見込まれる電子材料に対して注目するという見方を継続したい。輸出市況高の恩恵を受ける石油精製や、自動車減産の…続きを読む ②ヘルスケア・バイオテックセクター – 1~3月期決算レビュー(決算総集編)  1~3月期決算を経ての注目銘柄:1)キャリア分野の底打ち、海外事業の成長見通しが明確になってきた…続きを読む ③損害保険セクター:22.3期決算概要 – 22.3期実績は各社で上振れ  大手損害保険3社の決算が20日引け後に公表された。コロナ禍による自動車事故減少や、資産運用益の増加を理由に22.3期決算は総じて…続きを読む ご投資にあたっての注意点
  • 【最新銘柄レポート7】アステラス、三井住友トラスト、ミスミ、東ソー、DLI…

     本日7:00までに発行された野村の個別銘柄レポートを紹介いたします(※プレミアムプラン限定公開、時価総額上位7銘柄分を掲載)。 ご投資にあたっての注意点