閉じる
閉じる
為替介入 株主優待 新型コロナウイルス 円安 ハッシュタグ銘柄 テクニカル分析 インバウンド NISA恒常化 ESG
カルーセル画像

昨日 20:00

【特集】米国金融引き締めへの懸念が株価の重石

 こちらの図は、NYダウと日経平均株価の日米株価に加え、VIX指数、これは、アメリカ株式市場の不透明さが高まり、株価変動が大きくなるとの懸念が強まると上昇する、いわゆる恐怖指数の図表です。 9月26日にVIX指数は6月下旬以来の30超えとなりました。 市場の不安の高まりは、アメリカの国債利回りの上昇に見られるFRBの利上げ、つまり金融引き締めへの懸念があります。 この他、欧州の政治的な不透明さもあるかもしれません。 例えば、イギリスの大型の財政出動に伴う財政赤字への懸念から、為替市場でポンド相場が急落したり、イタリアで総選挙の結果、自国優先主義の極右政党が成立し、政治への不透明さがみられたことも理由かもしれません。 もし、この政治に関する理由がVIX指数の上昇要因であるならば、経済の基礎的条件、いわゆるファンダメンタルズとは異なるため、短期的な反応にとどまるとみられます。  続いて、こちらの図をご覧ください。 灰色の折れ線グラフで、アメリカの2年国債と10年国債利回りが上昇しています。 FRBが利上げへの姿勢を強めていることが理由とみられます。 階段状の折れ線グラフがアメリカの政策金利です。野村證券は、今後より一層の利上げを予想しています。 金利先物でみた、市場参加者が想定する利上げの道筋についても、9月21日の金融政策の決定を挟んで、利上げ期待が若干引き上げられています。 金融市場や株式市場が落ち着くためには、アメリカの金融引き締めへの思惑が、市場に一定程度織り込まれることが前提になるでしょう。 (野村證券投資情報部 小髙 貴久) ご投資にあたっての注意点

カルーセル画像

昨日 12:00

【#メタバース】AI抽出15銘柄/KDDI、グリー、パソナG…

NTTドコモがメタバース事業参入を発表  NTTドコモは9月28日、メタバース事業の新会社「NTTコノキュー」を設立したと発表しました。メタバースとは3次元の仮想空間を指し、国内企業による参入も相次いでいます。仮に今後、メタバースの需要が増加した場合、日本企業にどのような影響を与えるのでしょうか。AI『xenoBrain』が「日本メタバース需要増加」の他シナリオへの波及をもとに、影響が及ぶ可能性がある15社を抽出しました。 ニューストピック:日本メタバース需要増加  『xenoBrain』はメタバース事業に参入している企業に加えて、NFT(非代替性トークン)やVR(仮想現実)などに関連する15銘柄をリストアップしました。 KDDIグリーパソナグループ凸版印刷IMAGICA GROUPガーラ任天堂セックメディアドゥモバイルファクトリーミクシィミンカブ・ジ・インフォノイド楽天グループメルカリ加賀電子 ※xenoBrain 業績シナリオの読み方 ※2本の指で画面に触れながら広げていくと、画面が拡大表示されます。 (注1)本分析結果は、株式会社xenodata lab.が開発・運営する経済予測専門のクラウドサービス『xenoBrain』を通じて情報を抽出したものです。『xenoBrain』は業界専門誌や有力な経済紙、公開されている統計データ、有価証券報告書等の開示資料、及び、xenodata lab.のアナリストリサーチをデータソースとして、独自のアルゴリズムを通じて自動で出力された財務データに関する予測結果であり、株価へのインプリケーションや投資判断、推奨を含むものではございません。(注2)『xenoBrain』とは、ニュース、統計データ、信用調査報告書、開示資料等、様々な経済データを独自のAI(自然言語処理、ディープラーニング等)により解析し、企業の業績、業界の動向、株式相場やコモディティ相場など、様々な経済予測を提供する、企業向け分析プラットフォームです。(注3)xenoBrainのデータは2022年9月30日時点。(出所)xenoBrainより野村證券投資情報部作成 バックナンバーのご紹介 【#認知症治療・予防】AI抽出15銘柄/エーザイ、第一三共、武田薬品工業… 【#NASA地球防衛実験】AI抽出15銘柄/ハーモニック、THK、スクリーンHD… 【#全国旅行支援】AI抽出15銘柄/日本空港ビル、コスモエネルギーHD、HIS… 【#入国規制緩和】AI抽出15銘柄/サンドラッグ、スギHD、コスモス薬品… 【#米国利上げ】AI抽出15銘柄/日産自動車、ホンダ、三菱自動車… ご投資にあたっての注意点

カルーセル画像

09/28 15:00

市場と中央銀行の温度差(市場展望)

再加速したドル高円安  9月に入り、急激な円安が進行した。ドル円レートは、9月7日には一時1ドル=145円をうかがう水準まで上昇した。8月26日のジャクソンホール会議でのパウエル議長講演に前後して、米FRB(連邦準備制度理事会)関係者が相次いでタカ派的(金融引き締め積極的)発言を繰り返したことで、FRBの利上げ期待が拡大したことがドル高円安加速の主因であろう。  同時に、米国のリセッション(景気後退)懸念が一時期に比べ後退していることも、米FRB のタカ派姿勢維持を正当化しつつ、ドル高円安をサポートする要因になっていることも見逃せない。非農業部門雇用者数の堅調な拡大が持続しているほか、7、8月分ISM(全米供給管理協会)非製造業指数の堅調さなどが、米国景気の底堅さを確認させる結果となったとみられる。  足元の米国経済が置かれている状況を大胆に要約すると、以下のようになるだろう。感染症収束に伴い先行して顕在化した財に対する繰越需要の一巡とともに高インフレによる抑制効果が生じはじめた財需要に陰りが見られる反面、繰越需要が遅れて盛り上がりはじめたサービス需要は底堅く、また、サービス需要の強さが労働需給を一段と逼迫させ賃金上昇率などを押し上げている。  このような状況の下では、米FRBは金融引き締めの手を安易に緩めるわけにはいかない、ということになるだろう。むしろ、感染症禍で一旦大きく低下し、これまで緩やかに持ち直してきた労働参加率の改善がこのところ頭打ちになっている。こうした背景により、米国労働市場において雇用の逼迫が今後も継続していく可能性に鑑みると、賃金上昇率は高止まりや根強い加速を持続する公算が大きく、原油市況など一次産品市況の上昇が一巡したとしても、賃金上昇率の加速がインフレ率を押し上げ続ける展開を引き続き懸念する必要があると言えるだろう。たとえ感染症禍からの繰越需要、換言すればリベンジ需要に支えられたものとはいえ、金融政策の引き締めで需要を抑制し、雇用の逼迫感を和らげていくことは、賃金と物価のスパイラル的(相乗的)な上昇を抑える上で急務であると判断される可能性がある。 政策当局の楽観シナリオの落とし穴  現時点では、米国景気の堅調さを背景として、タカ派的な金融政策運営が正当化されるとの期待が強い状況である。一方で、市場には、米FRBがリセッションを容認するところまで金融引き締めを継続することはなく、ひとたびインフレ率にピークアウト(反落)の兆候が見えれば、引き締めの手を緩めるとの期待が根強く働いている可能性がある。この点で、FRB 自身がリセッションを伴う景気のハードランディング(急失速)をメインシナリオとしておらず、ソフトランディング(軟着陸)の実現が可能との見方を示し続けていることを拠り所としている市場参加者も依然として多いようにみえる。  8月中旬にかけて実現した、世界的な株価の反発局面は、こうした米国経済のソフトランディング期待を背景として生じたとも考えられる。すなわち、米国消費者物価指数の上昇率は、8月に前年比+8.3%と、6月の同+9.1%をピークとして低下している。2021年春以降加速を続けていた米国インフレ率がピークアウトし、それを受け、米FRBも金融引き締めの手を緩めはじめる可能性があること、また、米国金融引き締めのペースダウンによって、従前懸念されていた米国のリセッションが回避される公算が大きくなったとの期待が働きはじめた可能性がある。市場参加者から見た場合、FRBが示してきたソフトランディングシナリオが、より現実味を伴って見えてきたことが、市場参加者の安心感を高めたとも考えられる。  しかし、米FRBに限らず、一般に、政策当局が自ら率先してリセッションなどハードランディングシナリオを提示することは基本的にあり得ないと考えるべきであろう。自らの政策の「失策」を予め認めることはないと考えられるからである。その上で、市場には、当局がハードランディングを覚悟の上で達成せねばならない政策目的を有しているのか、それとも、政策目的の達成とハードランディング回避が両立できうるものである(と考えられている)のかを見極めることが求められるだろう。  現状の米国経済と米FRBは前者の状態にあると考えるべきではないか。FRBによるタカ派的な金融政策運営継続を前提として、米国経済のリセッション突入の蓋然性が高まった際には、米国債市場においてより長めの期間の利回りが大きく低下することになると予想される。その際、現状のようなドル高円安基調が維持されている可能性は低いと考えられるだろう。 (市場戦略リサーチ部 美和 卓) ※野村週報 2022年9月26日号「焦点」より 【FINTOS!編集部発行】野村オリジナル記事配信スケジュールはこちら ご投資にあたっての注意点