投資にヒントを。

FINTOS!は投資家のタイムリーな意思決定に
欠かせない野村の投資情報アプリです。

今すぐ
ダウンロード
今すぐ
ダウンロード

FINTOS! 3つの魅力

  • 株式投資に有用な情報を
    厳選して配信

    多様なメディアが発信する投資情報から厳選された記事をワンストップでお届けします。

  • ウォッチリストで
    銘柄情報も損益も

    気になる銘柄をウォッチリストに登録することで、必要な情報を手軽にチェックできます。

  • 投資に磨きをかける
    野村のレポート(有料)

    実績に裏打ちされた野村の情報力。野村独自のリサーチレポートがあなたの手元に!

FINTOS!
オリジナル記事

朝イチのポイント

記事一覧 朝イチのポイント

じっくり読める市況特集

記事一覧 じっくり読める市況特集
  • ワクチン接種ペースと日米欧の景況感比較 (野村の週間マーケットカレンダー)

     新型コロナのワクチン接種が先行して進められた欧米諸国では、景況感の改善が顕著となっています。日本においても、医療従事者や高齢者を中心に接種が進み始めたことで、感染が収束へ向かうことや、サービス業を含む経済活動の正常化への期待が高まっています。23日(水)に発表される6月マークイット購買担当者景気指数(PMI)速報値では、米国、ユーロ圏、日本の景況感の改善を比較することができます。  米国において、22日(火)に5月中古住宅販売件数、23日(水)に5月新築住宅販売件数が発表されます。低金利や旺盛な需要を背景として、住宅販売件数は中古・新築ともに新型コロナ感染拡大前を上回っているものの、足元で増勢は一服しています。住宅ローン金利の反転上昇、供給不足や価格高騰などによる住宅販売への影響が注目されます。  6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、足元のインフレ加速は一時的であるとの認識が改めて示された上で、個人消費支出(PCE)のうち食品とエネルギーを除いたコアPCEデフレーターの中央値予測(2021年10-12月期)が前年比+3.0%へ上方修正されました。25日(金)発表の5月個人消費支出・所得統計では、足元のインフレ率とFOMCメンバー予測との距離が確認されます。  ドイツでは、24日(木)に6月Ifo企業景況感指数が発表されます。景況感の改善継続が示されれば、ユーロおよび株価にとりプラス材料となると考えられます。  24日(木)開催のOPEC(石油輸出国機構)総会では、7月からの協調減産幅の縮小の確認に加え、世界的な需要回復を想定した今後の方針が注目されます。 (野手 朋香) (注)イベントは全てを網羅しているわけではない。◆は政治・政策関連、□は経済指標、●はその他イベント(カッコ内は日本時間)。休場・短縮取引は主要な取引所のみ掲載。各種イベントおよび経済指標の市場予想(ブルームバーグ集計に基づく中央値)は2021年6月18日時点の情報に基づくものであり、今後変更される可能性もあるためご留意ください。(出所)各種資料・報道、ブルームバーグ等より野村證券投資情報部作成 【FINTOS!編集部発行】野村オリジナル記事配信スケジュールはこちら 業種分類、Nomura21 Globalについて ご投資にあたっての注意点
  • 日経平均、75日線の攻防(野村マーケット解説動画、6月18日引け後収録)

    テクニカル展望(毎週金曜日更新)  今週の「テクニカル展望」動画では、弊社の山内シニア・ストラテジストが、チャート分析の観点から、今後の展望や注目点について15分ほどで解説しています。今後の投資の参考にご覧ください。こちらをクリックして下さい。 今週の収録内容 「日経平均、75日線の攻防」 1.1週間の振り返り2.日経平均:日足チャート3.NASDAQ総合:日足チャート (解説) 投資情報部シニア・ストラテジスト 山内 正一郎 【FINTOS!編集部発行】野村オリジナル記事配信スケジュールはこちら ご投資にあたっての注意点
  • 日本の消費関連の統計や主要国のPMI速報値に注目 (野村のグローバル・ウィークリービュー)

    主要アセット週間騰落ランキング【2021年6月11日~6月17日】  前週の世界株式市場はまちまちの値動きとなりました。FOMCで2023年からの利上げ示唆を受けてNYダウは下落しましたが、長期金利の低下を受けてNASDAQ総合は底堅く推移しました。為替市場ではドルが上昇し、NY金先物は急落しました。  業種別に見ると、グローバルでは、情報技術が堅調に推移しましたが、素材、金融、資本財、エネルギーなど、景気敏感セクターを中心に総じて軟調でした。一方、日本では、エネルギー資源、自動車・輸送機、電機・精密、金融(除く銀行)、食品など、幅広い業種が堅調に推移しました。   (注)業種別株価は、グローバルがS&P Global 1200指数(GICS11業種)ベース、日本がTOPIX17業種ベース。業種表記は一部略称。為替ランキングは対円レートの騰落(プラスが円安)。直近値は2021年6月17日。(出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成 (山内 正一郎) 日本:日本の消費関連の統計や主要国のPMI速報値に注目 前週の振り返り  ワクチン接種の進展や円安ドル高が下支えとなった一方、FOMC後の米国株安が重石となり、日経平均株価は上値の重い展開となりました。 今週の展望  日本では、5月全国百貨店売上高(22日)、5月全国スーパー売上高(24日)など、消費関連の統計が発表されます。6月後半から本格化する小売企業の決算発表を前に、これらの統計に注目が集まります。  主要国では6月マークイットPMI速報値(23日)が発表予定です。米国の5月分では製造業とサービス業が共に好調な結果となりました。経済活動が正常化に向かっているため、引き続き高水準を維持できるか注目です。 (今村 允) 米国:今週もインフレ関連指標を注視 前週の振り返り  FOMCを受けて景気敏感株は下落しましたが、長期金利低下で成長期待の高い銘柄群は上昇しました。 今週の展望  FOMCでは2023年利上げの可能性が示唆されましたが、米経済回復に伴う金融政策正常化が目的とみられます。インフレ予測が2021年は引き上げられましたが、翌年以降は鎮静化する見通しを示し、FRBはインフレは一時的との見方を変えていません。  今後インフレが加速し、FRBがインフレ抑制に政策転換する必要が出てこないか、個人消費支出・所得統計と合わせて発表される、FRBが重視するコアPCEデフレーターが注目されます。 (村山 誠) 新興国:インフレ加速を受けたメキシコ中銀の金融政策に注目 前週の振り返り  新興国通貨はまちまちの展開となりました。ブラジルレアルは0.75%ポイントの追加利上げに加え、声明文でインフレ見通しが悪化する場合には利上げペースを加速する可能性が示唆されたことを受けて一段高となりました。一方、トルコリラは、政策金利が据え置かれるも、利下げ懸念が燻る中、下落しました。 今週の展望  24日にメキシコで金融政策会合が開催されます。市場では政策金利据え置きが予想されていますが、5月にエネルギーや生鮮食品などを除いたコア消費者物価上昇率も加速を示したことを受け、同国中銀がインフレ警戒姿勢を強めれば、メキシコペソの追い風になるでしょう。  (野手 朋香) 【FINTOS!編集部発行】野村オリジナル記事配信スケジュールはこちら 業種分類、Nomura21 Globalについて ご投資にあたっての注意点