1月19日に発表された米国株の四半期決算をお送りいたします。

プロクター・アンド・ギャンブル(PG)

ドル高、ロシア事業の縮小、中華圏の新型コロナによる移動制限などの悪影響を受けた

※ 会社発表、リフィニティブより野村證券投資情報部作成
※ 実績は2022年10-12月期
※ EPS は非米国会計基準の希薄化後一株当たり利益
※ 1月19日寄り前決算発表。発表後の株価は、19日の前日比騰落率
※株価の騰落率は配当落ち分を含む。配当落ち分を除いた騰落率は-2.11%

 ブランド化された消費財を製造するプロクター・アンド・ギャンブルの2022年10-12月期決算は、ドル高やロシア事業の縮小、中華圏の新型コロナによる移動制限などの悪影響により、売上高、EPS共に前年同期比で減収、減益となりました。2023年6月通期の売上高の見通しを上方修正するも、市場予想を下回りました。

<前回の当社決算>
<米国株決算速報>プロクター・アンド・ギャンブル(PG):株価は0.93%高、値上げは受け入れられている

<過去の米国株決算まとめ>
野村の米国株決算リンク集:2022年8-10月期・9-11月期・10-12月期

野村の米国株決算リンク集:2022年1-3月期・2-4月期・決算2022年3-5月期・4-6月期決算・5-7月期・6-8月期・7-9月期

野村の米国株決算リンク集:2021年10-12月期

ご投資にあたっての注意点