1月24日に発表された米国株の四半期決算をお送りいたします。

マイクロソフト(MSFT)

クラウド部門が好調も、ウインドウズ売上の見通しが慎重

※ 会社発表、リフィニティブより野村證券投資情報部作成
※ 実績は2022年10-12月期
※ EPS は非米国会計基準の希薄化後一株当たり利益
※ 1月24日引け後決算発表。発表後の株価は、24日の時間外取引における24日終値比での騰落率(米国東部時間19時59分現在)

「Office」や「ウインドウズ」、クラウドソフトの「Azure(アジュール)」などで知られる、ソフトウェア企業であるマイクロソフトの2022年10-12月期決算は「ウインドウズ」の販売が低調でしたが、「Azure」やマイクロソフトクラウドが全体を牽引しました。

 ウインドウズ部門の2023年1-3月期の売上高の見通しが、市場予想を下回りました。提携継続を公表したOpenAIについては、クラウド部門に編入することを発表しましたが、AI単独での売上高の公表はまだ行わないとコメントしました。

<前回の当社決算>
<米国株決算速報>マイクロソフト(MSFT):株価は-6.70%、PC需要の見通し慎重

<過去の米国株決算まとめ>
野村の米国株決算リンク集:2022年8-10月期・9-11月期・10-12月期

野村の米国株決算リンク集:2022年1-3月期・2-4月期・決算2022年3-5月期・4-6月期決算・5-7月期・6-8月期・7-9月期

野村の米国株決算リンク集:2021年10-12月期

ご投資にあたっての注意点